JUNIOR AND SENIOR HIGH SCHOOL OF KOGAKUIN UNIVERSITY <OFFICIAL BLOG>

工学院大学附属中学校・高等学校<公式ブログ>

【中学デザイン思考】上田紘治さんによる平和講話

10月10日の2α、2γのデザイン思考では、八王子市在住で広島原爆の被爆者でもある上田紘治さんにおいでいただき、自身の被爆体験や平和に対する思い、原爆の恐ろしさなどについてお話しいただきました。f:id:kogakuin-jsh:20171011134518j:plain

上田さんにお話しいただくのは昨年に続き2度目で、今年も11月のProject Tourの前に来ていただき、生徒たちに話していただきました。

f:id:kogakuin-jsh:20171011134532j:plain

生徒の中からは、「どうすれば平和な世界を続けることができますか」という質問も。 とても難しい課題ですが、私たちはそのことについて、真剣に考え、向き合っていかなければなりません。

f:id:kogakuin-jsh:20171011134538j:plain

この学年は学年が始まった当初から「平和」に向けての様々な取り組みを行っています。その中で、それぞれの考えや思いを深めてきました。今、Project Tourまで残すところ1ヶ月ほどになり、各自の課題に向けていろいろ考えをまとめていく時期でもあります。今日の上田さんのお話を真剣なまなざしで聞いていた彼らの心の中に、少しでも残るものが有り、今後の学びに繋がっていけば良いなと思っています。

f:id:kogakuin-jsh:20171011134542j:plain

昨年上田さんにいただいた「被爆アオギリ」は、校庭の片隅で元気に育っています。 生徒たち一人一人も、たくましく、そして自分の考えをしっかり持って、Project Tourに向かっていって欲しいと思います。

2βクラスには、13日(金)にお話しいただく予定です。f:id:kogakuin-jsh:20171011134546j:plain

被爆アオギリとは

被爆アオギリとは、広島で原爆が投下された際に被爆した樹木で、熱線と爆風で幹の半分が焼けたにもかかわらず新芽を出したことで有名です。現在は、平和記念公園に移植されていて、平和のシンボルの一つとして、各地に2世、3世が植えられています。